お互いさまの関係でありたい

私たちが嫌いな言葉、それは「安かろう悪かろう」
「個人店」であるが故に「どうせ・・・」と言う先入観を持たれてしまう事、それを払拭したい。
知って頂けないのであれば、伝えなければ、どんなに汗をかいても努力しても「自己満足」
「どうせ、この食材は国産じゃないんでしょ。」
とお客様に言われたその一言が情報公開の第一歩でした。
食材の産地、調理方法、私たちのこだわりやお弁当に対する想い、お客様に対する感謝、伝えたい事、等々・・・お弁当を販売しているシーンでなかなか伝えきることはできません。
このホームページを始め、毎日更新されるブログ、各SNSの活用により、私たちは小回りの利く更なる情報公開を目指しています。
効率だけを求めれば、今の様な注文を頂いてから、ご飯の種類を聞いたり、量を尋ねてからご飯を詰める非効率的な事はしないでしょう。
でもそれは「温かい食事をして欲しい」単純にその想いだけなんです。
売上を追い求めるのであれば「スピードランチ」と称して、 ご飯をあらかじめ詰め込んで、山に積み上げて売ればいいのです。
でもせっかくのお昼ご飯。午後の活力の源です。
私たちはそのやり取りをいつまでも大切にしたい。
昭和55年の創業からお客様といっしょに作り上げてきた注文方法と流れです。
私たちは更にこれからも磨き続けていきます。 いつまでも泥臭く、いつまでもいつまでも。

都心のビジネス街であるこの東新橋~汐留~浜松町にはたくさんのお店が立ち並びます
毎日ご来店されるお客様にも飽きられないように全力で頑張っておりますが
日頃自炊派のあなたも、たまにサボりたい時かわのをご利用下さい(笑)
週に一度、スペシャルランチを食べる為に節約しなきゃ、そんな方も是非!
勿論他のお弁当屋さんの常連さん、たまに浮気したいその時に(笑)
ふとしたその瞬間に思い出してもらえる存在、そんな弁当屋になりたいですね。

開業から三十年を超え、街並みはどんどん変化してきました。
私たちはこの街で、自分達の役割「弁当屋」を全うする決心覚悟であります。
絶対に負けたくない、そんな想いでこの地で商いをさせて頂いています。
私たちはお客様ともお取引先さまとも いつまでも「お互いさま」の関係でありたいと考えています。
その気持ちはいつまでも変わりません。 いつまでもコツコツと…

店主 井上康一



店主 井上康一

三十路、四十路を越えて「理想と現実」、「椎間板ヘルニア」、「無呼吸症候群」に悩まされながらも、あの頃感じた「おかしいなぁ」は忘れずに、毎日コツコツとお弁当作りに励む日々。
YUKIとブルーハーツが好き、妻、愛娘2人、東京都在住

かわの プロフィール

店名     お弁当のかわの
住所     東京都港区東新橋2丁目12番地5号 パルメゾン1F
電話     03-3432-2560 (11:40~13:20は接客中のため不通です。ご理解ください。)
定休日    土・日・祝・GW・お盆・年末年始
姉妹店    あら焼鶏白湯 カシムラ

1980年5月

創業者の河野和子氏が「食事処かわの」を浜松町一丁目で座席数8席の居酒屋として開業
創業者名字の河野を「かわの」として店舗名とした。

1981年

店舗内の傍らで販売していたお弁当が好評だったため、お弁当販売窓口を設置するために店舗改装

1982年

2回目の店舗改装をして弁当専業の「お弁当のかわの」に転換
弁当4品、500円均一の販売スタイルを確立

2007年1月

河野氏が現店主の井上に店舗譲渡
同時に店舗改装を行い、厨房設備を新調する

2007年2月

玄米ごはんの販売開始

2007年5月

日替汁のセルフサービスを開始

2009年3月

ホームページ genkigohan.com 開設
ブログ開設

2009年4月

TBSラジオ出演

2009年9月

フジテレビ「新報道2001」出演

2009年12月

月刊食堂名店の実力「20年で風格を現しはじめた名選手」特集掲載

2010年4月

J-WAVE「GROOVE LINE」出演

2010年7月

フジテレビ「FNNスーパーニュース」特集出演

2011年8月

フジテレビ「FNNスーパーニュース」特集出演

2012年3月

姉妹店 牛すじカレー店「スジ■ー」開店

2012年7月

姉妹店 牛すじカレー店「スジ■ー」を大人の事情で「スジ田中」に店名変更
ネットニュースで話題になる

2012年12月

テレビ朝日「スーパーJチャンネル」出演

2013年4月

フジテレビ「アゲるテレビ」出演

2013年6月

新橋経済新聞掲載(浜松町)
「浜松町一丁目再開発計画」に基づき現在地に移転
新橋経済新聞掲載(東新橋)
企業診断「来店客を増やす中小企業のネット活用術」掲載

2014年2月

テレビ朝日「スーパーJチャンネル」姉妹店 スジ田中出演

2014年3月

TBSテレビ「みのもんた朝ズバッ!」出演
関西テレビ「大人の事情がありまして」出演(姉妹店「スジ田中」)

2014年4月

お弁当の価格を500円を550円に改定

2014年5月

姉妹店 「スジ田中」大人の事情で閉店
姉妹店 あら焼鶏白湯カシムラ開店

2015年2月

日本テレビ「news every」出演

2016年4月

講談社「おとなの週末」メンチ・唐揚特集 掲載

2017年1月

テレビ東京「たけしのニッポンのミカタ!」出演

2017年10月

ホームページリニューアル

仕入先のご紹介

安心安全な業者さまです。

庄内屋・藤塚米店さま

冷めても美味しい、お弁当にピッタリのお米。
宮城県産特別栽培米「ひとめぼれ」を使用。
使用する分だけ精米して納入してくれるからいつも鮮度が高いお米です。

青果仲卸業者 有限会社小馬さま

次々に入荷する荷で煩雑になりがちな売り場を清潔に保たれ常に整理整頓されているのが、店主が小馬さんを選んだ一番の理由です。
野菜の目利きは勿論、勝どき野菜加工工場の衛生管理面も素晴らしく安心です。

株式会社川正さま

佃に自社工場を持たれ、築地市場の中でも自社で漬魚加工も出来る稀な同社は大正時代から続く老舗水産問屋。
かわので時折出現するお宝食材は、ほぼ川正さんからのご厚意です。

株式会社野村商店さま

精肉店としては都内トップクラス。
茨城産の美味しい豚肉を中心に色々相談にのっていただいています。
かわの名物の「メンチカツ」は臭みがなく、ジューシーな豚肉を同社より提供されるからこその逸品です。

株式会社日栄商事さま

作りたい惣菜をイメージした時、次に必要な調味料や材料を考えます。
その時「ないものはない」と言う位に多様な取り扱い品目の多い同社の存在に助けられています。
電話応対のスタッフは親切で、担当者も親身に相談にのってくれます。

株式会社エム・エイチ・エスさま

飲食に関わる者として衛生管理は絶対であると考えます。
同社に定期的に厳しく検査をお願いしています。
毎日3回の店内温度チェック、月1回の検便実施しています。

お弁当の取置・注文

オンラインでお弁当の取置・注文予約ができます。
但し予約時間と数量における条件があります。

[取置・注文はこちら]をクリックしてください。


LinkIcon